求められる人材

人材は「求められる人材」の事務

事務員としての仕事に役立つ資格

事務員として、今日最低限必要なのが、コンピュータの使用技術。今や、ワードやエクセルなどは、もはや技術うんぬんくんぬんの話ではない、大前提のスキルです。事務の仕事では、さまざまな管理が大切なために、データとしてきちんとバックアップしていく“片付け上手”が活躍します。秘書検定は、資格として役立つばかりでなく、社会人としていきぬくための知識を培うことができる資格でもあります。医療事務に関しては、診療報酬請求事務能力検定など、専門的知識が必要な場合、事務経験者や資格保持者は非常に採用順位としては有意な位置にあります。これは実際に病院に雇われずとも、派遣会社に登録する際に非常に有利な資格となります。TOEIC、簿記検定、英語検定、漢字検定など、上級のレベルに持っていく努力を学生の頃からされていると、履歴書にこれらを表記してアピールすることもできます。しかし、紙の上だけでの資格検定にのみ集中しすぎて、実際に使えないようだと就職したから大きな仕事をまかされてしまっておぼれてしまう、ということもありますので、資格とともに、自分のスキルアップも忘れずに進めていきましょう。

事務仕事を知ろうで事務について学ぶ

関連リンク